キャンプ

2020年 キャンプはじめ。

投稿日:2020-01-05 更新日:

ど~も~。新年、明けましておめでとうございます。

2020年の始まりですねえ。

っと言うことで、今年最初のキャンプへGOです(笑)。

1月3日~4日に掛けて、いつもの猪苗代湖畔、秋山浜キャンプ場に行って来ました。

到着です。

誰もいません。貸し切りですねえ。

しかし、この時期にしては、まったく雪がないですね。

時刻は13:00。天気は曇り、気温5℃位でしょうか!

ここを、今日の寝床&宴会場にしますよ。

今回は、S氏のNEWアイテム、ワンタッチスクリーンタープ!

あっと言う間に、設営完了。本当に楽ですねえ。

中は、こんな感じです。ささやかな、宴会場!

今のところ、寒くもなく快適です。

そして、今回のNEWアイテム。シュラフカバー!

アマゾンで5000円位です。

かなりコンパクトです。

保温性アップや、結露防止の為に使用します。

ペラペラなので、多少不安はありますが・・。実力やいかに!

少し落ち着いたので、プチ乾杯!

今回は、炭火で料理&暖を取ります。

火起こし開始!

備長炭なので、なかなかつきません。30分位格闘しましたよ。

とりあえず、ウインナーと油揚げを焼いて、チビチビ飲んでます(笑)。

ラジオの音色が、いい感じです。

普段はラジオなんて聞かないんですが、キャンプ場で聞くと、なんか良い感じですよ。

いい匂いにつられて、猫登場。

人をかなり警戒してので、野良でしょうか?

いずれこの猫が、厄介な事に・・。

続いては、定番のちゃんこ鍋。

鶏団子や餃子など、具だくさんですねえ。楽しみです。

突然のアラーム音。

一酸化炭素警報器が鳴り出しました。

スクリーンタープの3面はクローズ、前面はフルオープン状態でも、一酸化炭素が検知されたみたいです。

時々、後面を開けて換気しながら、料理続行。

念のため、持って来て良かったです。

大丈夫だろーなんて、フルクローズで炭を使用していたら、1~2時間くらいで、あの世行きでしたよ!(流石に、フルクローズでは使用しませんが)。

一酸化炭素って、目に見えないだけに、本当にこわいです。

気になる方は、こちらをご覧下さい。

そうこうしているうちに、鍋完成!

野菜もシンナリして、熱々で美味しそうですねえ。

味は、もちろんうまいっす!

辺りは、すっかり真っ暗。ランタンの灯りがいい感じです。

鍋やつまみを食べながら、酒を呑む。

最高だぁ~(笑)。

夜も更けてきたので、就寝です。

もちろん、炭火は消化後、テントの外へ(死にたくないので・)。

眠りについた頃、何やら気配が・・。

ゴソゴソとなにか、あさっている音が・・。

さっきの猫がテントに侵入!ゴミをいたずらしていましたよ(汗)。

追い払った、その数分後。

またしても、ゴソゴソと・・。

今度は、鍋をペロペロ・・。

夜中中、こんなやり取りが何度か・・。

おはようございます!

昨夜は、猫と強風であまり寝れませんでした(泣)。

多少、雪が降ったみたいですね。

この日は、朝から天気も良く、磐梯山も綺麗でした。

寝不足だったけど、楽しいキャンプでした!

シュラフカバーを使ってみた!

  • 防風と防水、快適、寝心地良いです。
  • 組み立ても収納も簡単。重量も145gで持ち運びも楽ちん。圧縮可能となり、コンパクトに収納できる収納袋付きます。
  • 15Dナイロン素材から作られ、通気性&耐久性抜群!再利用可能です。
  • 複合熱反射性アルミニウムコーティングは、体熱を反射し、保温性を向上させサラサラ快適に眠ることができます 。
実際に使用した、感想。

今回はテント内の温度は、0~-1℃位でした。

ちなみ、シュラフはイスカのダウンシュラフでー7℃までのモデルです。

保温性に関しては、多少、温かいかな~って感じで、それ程の効果は感じられませんでした。

しかし、いつも寒い時には、シュラフが結露で濡れていましたが、今回は全然、濡れることがありませんでした。

そのおかげで、いつもよりは快適に感じました。

耐久性は今後に期待ですね。

結論。

他の、有名ブランドのシュラフカバーの半額か、それ以下の値段の割には、良い物だと思います。

それなりの、機能は果たしていますね。

夏場は、これとインナーだけでも十分ですね。かなりの、コンパクト化が期待出来そうです。

-キャンプ

Copyright© 福島県 自然遊び , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.