キャンプ

野宿キャンプ。本当にあったプチ心霊体験。

投稿日:

ど~も~。

もう、9月なのに、まだまだ暑い日が続きますねぇ。

今回は、とうちゃんとS氏が実際に体験した、プチ心霊体験談です・・。

未だに、S氏と呑みに行く度に語り継がれる、不思議な体験を紹介したいと思います。

あれは、かれこれ、3~4年前

その頃、とうちゃん達は渓流野宿キャンプにハマり、いろんな所で釣りと野宿キャンプを満喫していました。

特に、気に入ってたのが、新潟県の持倉鉱山跡地です。

ここは、魚影が濃く、河原でテントが張れる所が多いからです。

結構キャンプをした形跡もあり、お手軽な感じで野宿してました。

その日は・・。

時間も少し遅く、いつもの河原ではなく、林道脇の開けたところで野宿することに・・。

車の直ぐ脇にテントが張れるので、なんの心配もしていませんでした・・。

いつものように釣りに行き、イワナを3~4匹程キープして、ルンルンでテントへ帰宅しました。

BBQコンロで火を起こし、夕食準備です。

そして、乾杯!

いつも通りの楽しい、キャンプスタートです。

いい感じに酒もまわり、これからが盛り上がる時間・・のはずが。

やけに疲れた様子のS氏。

しきりに林の方が、「気味悪い」と言っていました・・。

言葉数も少なく、S氏は早めの就寝・・。

その内起きるだろうと思い、とうちゃんは1人でチビチビ。

確かに、林の方が気にはなるが・・

それ程、気味が悪いと言うこともなかったので1人で酒を飲んでいた。

時刻は21:00位・・まだまだこれからでしょう。笑

しかし、S氏は一向に起きてこず・・。

仕方なく、1人酒。

薪代わりの木も少なくなってきたので、林の方へ薪の調達へ。

林に近づくと、なんとも言えない不安感が・・

なんとなくですが、林の奥の方から視線のような感じが・・。

ソソクサとなく薪を拾い、テント戻り薪をくべます。

そして、酒を飲んでマッタリ。

また、薪を拾いに林へ・・。

こんなことを繰り返し、いつの間にか就寝してました。

翌朝

 

寝たかどうかも、あまりわからないまま、朝がきました。

先に起きていたS氏に言われた一言に、驚いた。

昨夜、奇声が凄かったよ!

んん~。

1人で呑んでいたので、確かに独り言は言っていたけど・・。

しかし、S氏曰く・・

とうちゃんが薪拾いに行っている時に、「フアア~~」とか、「グアアア~~」とか・・。

かなりの奇声を撒き散らしていたそうです・・。汗

自分的には、そんな記憶はなく・・。

それが酒のせいか、S氏の空耳なのかは未だ???です。

確かに、酔ってはいましたが、いつも通りだと思っていました。

ただ、結構な時間、奇声を発していたようです・・。

確かに、ここに泊まると決めた時から、なんとなく嫌な感じはしていました。

しかし、実際に霊を見たわけではないので、なんとも言えませんが・・。

もしかしたら、霊的な何かがあったのでしょうか?

とにかく不思議な夜でしたよ。汗

野宿キャンプする際は

少しでも、不安を感じる時は帰った方がいいかも・・です。笑

お化けに負けずに、楽しい野宿を・・。笑笑

 

-キャンプ

Copyright© 福島県 自然遊び , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.