キャンプ 釣り

海、川、そして、野営。IN新潟県

投稿日:2019年5月5日 更新日:

どーも。10連休、いかがお過ごしでしょうか?仕事だよ!って方もおられるでしょうが、とうちゃんはきっちり10連休です。(長過ぎです・・)

5月2日~3日にかけて、相棒のS氏と新潟県へ釣りキャンプに行って来ました。

今回は、海釣り~渓流釣り~野営です。まさに、釣り三昧キャンプですね。(笑)なにが釣れるか楽しみです。

新潟県東港に到着。

時刻は午前6時。いつもの東港網代浜漁港にやって来ました。少し風がありますが、天気が良くて最高の釣り日和です。

連休中とあり、釣り人さんが沢山いますね。

とうちゃん達も釣りスタートです。狙うは、アジや根魚です。

コンディションは良さそうですが、なかなか釣れません(汗)。

S氏も苦戦しているみたいですね。

なんだかんだで、4時間程粘りました。

釣果は、カレイとメバルが1匹ずつでした。まっ、ボウズじゃなくて良かったです(笑)。貴重な食料GETです。

渓流釣りに移動します。

阿賀町、五十母川にやって来ました。

実績のある川で、毎年この時期に釣りに来ています。

この日は少し水量が多く、ミノーではうまくアクションさせられなかったので、3.5㌘のスピナーを使用します。

いざ、釣り開始!

堰堤下を丁寧に探っていきます。

さっそくHITしました。20㎝弱のイワナが釣れました。この子も貴重な食料。キープさせて貰います。

連休中のプレッシャーか、その後はまったくアタリすらなく、延々と釣り登りましたがそろそろ終了です。

本当に綺麗な渓流ですね。

そろそろ野営準備です。

五十母川の河原にて野営します。

若干草が気になりますが、石は小さめでフラットな所です。 ここにテントを設営しますよ。

寝床完了!いつものダンロップのソロ用テントです。

今回は、テント内にコットをセッティングしました。が、これが結構大変でしたよ。コットのサイズとテントの内寸がほぼ同じな為、テント内で組み立てるはめに・・。しかし、これで快適な睡眠は約束されたも同然!(笑)。

ここでようやく、乾杯です。気付けば、昼食も取らずに釣りに没頭していましたよ。

この時点で、時刻は17時です。次は焚き火の準備をしなくては・・。

5分程でこの量です。しかも、まだまだ河原には薪が沢山あります。

これから、大人の火遊びの時間です(笑)。

焚き火のコツは、細い枝から徐々に太い枝に燃え移らせる事です。まあ、皆さんはもうご存じでしょうが・・。

あっと言う間火が付きましたよ。やっぱり、焚き火っていいですねえ。

さっ、夕食の準備でもしますか・・。

まずは、S氏特製のシーフードのオイスターソース炒めです。胡椒が効いていてマジでうまいっす!酒も進みます。

続いては、今日釣ったお魚をワイルドに塩焼きにします。鮮度抜群なので、とてもうまかったっす(笑)。

だんだん日も暮れ、マッタリの時間ですね。

だんだん、〆のご飯にしますよ。

ここでメスティン炊飯のおさらいです。(1合炊き)

  • 米を洗う
  • 米を水に浸す(30分以上)。
  • 一度水を捨て、メスティン内のリベットの辺りまで水を入れる。
  • 火にかける(アルコールバーナーがお勧め)。
  • 15~20分程火に掛ける(吹きこぼれがなくなってから1~2分程)。
  • 火を止め、5~10分程蒸らす。完成!

相変わらず、なかなかの出来です。今回もレトルトカレーで頂きます。

お腹もいっぱいです。


夜が更けるに連れ、気温がグングン下がっていきます(3℃位)。焚き火がないと寒くて居られません。焚き火っていいですねえ。

だんだん、就寝です(0時位)

おはようございます。コットのおかげでグッスリ寝れました。いつもは5時位には目が覚めていましたが、今日は8時まで爆睡しますよ。

軽い朝食を済ませて撤収準備。楽しい釣りキャンプでしたよ。

まとめ。

新潟県まで2時間ほどで着きます。海釣りや渓流釣りも出来る、とても自然豊かな良い所です。

また、同じ趣味を持ち、毎回美味しい料理を作ってくれるS氏にも感謝ですね(笑)。

楽しい思い出がまた一つ増えましたよ(笑)。

-キャンプ, 釣り

Copyright© 福島県 自然遊び , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.