道具紹介

初心者がおすすめする、エギング道具。

投稿日:

どーも。今回はエギング初心者のとうちゃんが買った道具を紹介したいと思います。あくまで、釣りは道具ではない!っと言うポリシーを貫き2万円以下で揃えました。後程、実際に使用した感想をレビューしたいと思います。

エギングとは。

エビに似せて作った疑似餌(ルアー)を、本物のエビのように動かして(シャクって)イカを釣る釣法です。

シーズンは主に、春と秋ですね。

エギのサイズは時期によりますが、2.5~3.5号を使用します。

コンディションにより、エギのカラーを変えたり、アクション(シャクリ方)を変えたりと試行錯誤をし、イカをゲットするスポーツフィッシングですね。

道具紹介。

まずは、ロットから・・。

値段と商品評価が良かったのでこちらにしました。軽くて使いやすいとのレビューが多かったですね。

本当はインターラインが欲しかったのですが、お値段が高めだったので諦めました(汗)。インターラインとは、ロットの中にラインを通すタイプのロットですね。

インターラインの長所としては、ガイドにラインが絡まないのでライントラブルがほぼ無いみたいですね。

短所は、ライン通しが少し面倒。お値段が少し高いと言ったところでしょうか。

続いては、リールです。

2500番のスピニングリールです。糸付きと糸なしが選べます。とうちゃんは糸なしの方を選びました。自分で巻くときはPEラインの場合、約1㍍ほどナイロンラインの下巻きが必要となります。

こちらも手頃な値段の割には、評価が良かったです。

次はラインです。

上手な人ほどラインにはこだわりますが、なにせエギング素人なので、手頃な値段のものを選びました。

次は、クッションリーダーです。

クッションリーダーとは、リールに巻かれたラインを守る為に、PEラインとエギとの間に1~1.5㍍ほど使用するラインのことです。

こちらも手頃な値段に決めました。

最後はエギ(ルアー)です。

今回は2.5号のエギ5個セットを買いました。エギングは結構根掛かりが多く、ルアーが無くなりやすいと聞きました。まっ、5個も有れば大丈夫でしょう。

本当はいろんなサイズが欲しかったのですが、ここで予算が尽きました(笑)。

実際に使用した感想。

結果(釣果)から言えば、3回釣りに行って、2回は釣ることが出来ました(笑)。

ロットの感想ですが、まず感じたのは軽さですねえ。渓流しかやったことがないとうちゃんは、エギングロットの長さに驚きましたよ。しかし、ホントに軽く、ひたすらシャクリっていても全然疲れを感じません。

ロットの特性は、少し固めかと思います。っと言うのも、同僚の高価なロット(とうちゃんの5~6倍の価格)を使わせてもらいました。そのロットと比較した感想です。比べるのはどうかと思いますが・・。良く言えば、しなやかさの中にコシが有ると言ったところでしょうか。

実際にエギング意外にも20㎏位のメタルジグも余裕で投げれますし、青物も狙えます。まさに、マルチロットと言ったところですねえ。

リールとラインに関しては、特にトラブルも無く概ね満足ですねえ。

クッションリーダーはホントに必要なんですね!何度か根掛かりしてルアーを無くしましたが、ほとんどリーダーか、リーダーの繋ぎ目から切れるのでラインはほぼ無傷でした。

エギに関しては、正直よく分かりませんでした(汗)。2.5号のエギでも意外に飛びますね。カラーとかサイズとかはこれからの経験で分かってくるのかと思います(笑)。

結論。

確かに高い道具が良いことは、当たり前ですが、2万円以下で揃えた物でも十分ですねえ。実際に釣れましたし・・。

釣りを楽しむと言うことに関しては、十分な装備だと思います。

道具が高かろうが、安かろうが、そこに獲物がいるかどうかが大切なんでしょうね(良いポイントに当たるとか)。

今回の買い物は、十分満足のいく物でした(笑)。

-道具紹介

Copyright© 福島県 自然遊び , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.