雑記事

とうちゃん、ブログを始めた訳

投稿日:

今回は、とうちゃんがブログを始めたきっかけについて話たいと思います。かなり個人的かつ、つまらない内容かも知れませんが、よかったらお付き合い下さい。

ブログに興味を持った訳

あ~だ、こ~だ、きれいごとを言うつもりはないのでズバリ言うと、副業(¥金)です。

いろんなサイトで副業と調べると、FXとか株とかブログ収入とか・・。正直、なんだかうさんくさい記事がたくさん有りますよね。FXや株はハイリスク、ハイリターンと言ったところでしょうか。なにより、なんの知識や経験もなく稼げるとは思えませんね。

で、一番現実的なのがブログでの収入になりますよね。ブログを始めたとしても、サーバー使用料が約12000円/年、ドメイン使用料が約1000円/年くらいと、とてもローリスクで魅力的ですね。ブログ収入が月に50万円とか100万円とか、「いつまで、社畜でいるんですか?」とか、ブログ副業をアピールするサイトがたくさん有りますよね。しかし、とうちゃんもバカではないので、いきなり、そんなに稼げるなんて思ってはいません。しかし、月の目標を3~5万円くらいに設定すれば、頑張ればなんとかなるかも・・(そこが素人)、なんて考えてしまいますよね。そんな、感じでブログに興味を持った訳ですね。

サラーリーマンと言う働き方

とうちゃんは20歳の時に最初の会社へ就職し、30歳で今の会社へ転職しました。給料は多からず、少なからず、っと言ったところですね(笑)。嫁も働いているので、普通に生活できています。

サラーリーマンのメリット

サラーリーマンのメリットはやはり、気楽なところですねえ(あくまで個人的な考えです)。決まった時間に出社し、仕事が終われば、後はプライベートタイム。毎月決まった日に給料が振り込まれ、面倒な税の計算は全て会社がやってくれます。

ブラック企業とかよく耳にしますが、幸いとうちゃんの会社は法令遵守、社員思いの良い会社だと思います。仕事を家に持ち帰ることもありませんし、有給休暇も普通に取れます。

サラーリーマンのデメリット

デメリットと言うほどではありませんが、やはり収入が決まっているところでしょうか・・(あくまで個人的な考えです)。

サラーリーマンである以上、収入を増やすには昇給を待つか、残業を頑張るかしかありませんよね。とうちゃんも実際、残業を頑張ることこそが収入アップの唯一の手段と思い、日々残業に明け暮れていました。ただ、過度な残業はプライベートな時間を削るだけではなく、肉体的にも負担が大きくなりますよね。また、あくまでお金の為の残業なので楽しい訳もなく、精神的にも辛いですね。

そんな感じで、副業に興味を持つのは自然な流れですねえ。

実際に行動に移してみた

20代30代の頃は、何も考えずに好きなことに没頭していました。40代になると、なんだか慎重になると言うか、臆病になると言うか・・。何か始めようとしても、ネガティブな考えが先行してなかなか行動に移せませんでした。実際、ブログを始めたいと思っていても、「ブログで収入なんて自分には無理」とか、「どうせ、途中で飽きてしまう」とか・・。

しかし、心のどこかに「やりたいことをやらずに後悔したくない」「人生一度きり」と言う思いが日に日に強くなってきていました。そしてある日、何かが吹っ切れたかのように電気屋さんでパソコンを購入している自分がいました。パソコンを買ったからには、もうやるしかないですね(笑)。その日からスマホ片手にブログ立ち上げの日々が始まりました。1週間くらい掛かりましたが、初めて記事を投稿出来たときは嬉しかったですねえ。

今ではアドセンス広告を貼るまでに成長しました(これ、とうちゃんには凄いことです)。もちろん収入なんてまだありませんが、広告料のところに微々たるものですが、金額が表示されていたときはとても嬉しかったですねえ。月数万円なんてまだまだ夢のような話ですが、一応副業出来ましたね(笑)。

ブログは初めて思ったこと

ブログを初めて2ヶ月がたちます。記事数も少ないし、グーグルの検索にも引っかからないとうちゃんのブログですが、数名の訪問者様が・・。どこでこのサイトを知ったのか不思議なくらいです(笑)。しかし、自分の記事が読んでもらっていると分かると俄然モチベーションが上がりますよね。今はまだ自己満足のレベルの記事しか書けませんが、なるべく役立つ情報をお届けしたいと思います。

とうちゃんのサイトはアウトドア系なので、いずれは同じ趣味の方々と情報交換とかが出来たら嬉しいですね。

もちろん、副業と言う目標は変わりませんが、今は自分の記事を読んで頂けることが一番嬉しいですねえ。休みの日もネタ探しと言う訳ではないですが、よく出掛けるようになり、アクティブさが少し戻ってきました(笑)。ブログを初めて良かったと思います。

つまらない内容を長々とお付き合い頂き、ありがとうございました(笑)。

-雑記事

Copyright© 福島県 自然遊び , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.